東日本大震災への対応

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に際しまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

当社グループは被害回復に向けて全力で取り組むと同時に、被災地復興のため、さまざまな活動を行ってまいりました。

改めて、当社グループの取り組みについてご報告いたします。

被災地に対する支援物資について

当社グループでは農林水産省を通して、「24本ペコウェファースチョコレート」6,000袋、「22枚ホームパイ(ハニートー スト)」12,000袋を無償で提供いたしました。

その他自治体、団体などの要請に対応し、各種商品を支援物資として提供しました。

農水省からの表彰

宮城県女川町物資集積所
写真提供:公益財団法人国際開発救援財団

募金活動について

不二家洋菓子店・不二家レストランにおいて、「日本を元気に! ペコちゃんと応援!」募金を実施し、期間中対象商品を1個お買い上げいただくごとに、当社より100円を寄付する取り組みを行いました。

また、一部洋菓子店(368店)において「ヤマザキ『ラブ・ローフ』募金」の募金箱を設置し、募金活動を実施いたしました。

集まった募金は、「特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン」及び「公益財団法人国際開発救援財団(FIDR)」の両団体に贈呈し、緊急援助活動に役立てられました。

さらに、2012年1月には、売上金の一部を震災復興支援のために寄付する「カントリーマアムアソート東北応援」を発売し「公益財団法人国際開発救援財団(FIDR)」に贈呈しています。

寄付金目録授与の様子
(公益財団法人国際開発救援財団)

寄付金目録授与の様子
(特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン)

Page Top

節電対策について

政府の「節電実行基本方針」に基づき、当社グループでもさまざまな節電対策を実施いたしました。

工場では製造ラインの集約、LED照明や自家発電機の導入、休日の振り替えなどを実施。店舗ではお客様の安全性 の妨げにならない範囲で、店頭看板や店内照明を一部消灯いたしました。さらに、不二家本社でも、不要照明の消灯はもちろんのこと、室内温度上昇を防ぐために大型扇風機の稼働や窓枠への発泡スチロールの設置を行いました。

引き続き、節電対策に取り組んでまいります。

設置した自家発電機

3月13日より消灯していた銀座数寄屋橋の
電気広告塔の再点灯(2011年10月1日)

Page Top

ペコちゃん被災地訪問

平成23年4月〜5月及び12月にペコちゃんと当社社員がキャラバンカーに乗り、福島県・宮城県・岩手県の被災地 を訪問しました。小学校や避難所、不二家洋菓子店などを訪れ、キャンディのつかみ取りやペコちゃんとの記念撮影、ジャンケン大会やクイズ大会のイベントを実施し、被災地域の方々に笑顔をお届けしました。

また、震災の影響で活動を自粛していた、全国の児童施設を訪問する企画「ペコちゃんが行く!不二家キャラバン隊」の活動を10月から再開しました。再開直後は被災地の保育所・幼稚園を訪問し、クイズ大会やペコちゃんの歌に合わせたダンスを通じ、子供たちの笑顔を取り戻すお手伝いをしました。

ペコちゃん被災地訪問

日程 訪問場所
4月22日〜23日 福島県内4店舗、小学校1箇所
4月28日〜29日 福島県内5店舗
5月16日〜19日 宮城県内5店舗、保育所1箇所、避難所3箇所
12月10日 岩手県山田町(「子供のためのクリスマスイベント」協力)

ペコちゃんが行く!不二家キャラバン隊

日程 訪問場所
10月4日〜7日 岩手県内保育所・幼稚園8箇所
11月7日〜11日 宮城県、福島県内保育所・幼稚園9箇所
11月28日〜
12月2日
福島県内保育所・幼稚園9箇所

被災地訪問の様子

岩手県宮古市津軽石仮設保育所

宮城県登米市津山町避難所

福島県いわき市立高久小学校

宮城県岩沼市避難所

Page Top