ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 投稿コーナー
  • 募集メニュー
  • スマイル川柳
スマイル川柳第五弾 私の家族、ここがスゴイ!
  • NEW
  • 第3回
  • 第2回
  • 第1回
スマイル川柳第四弾 四季折々 笑顔ほころぶ家族との時間 スマイル川柳第三弾 家族にまつわる可笑しな話 スマイル川柳第二弾 家族の絆とスマイル スマイル川柳第一弾 笑顔に、愛がある
スマイル川柳~四季折々 笑顔ほころぶ家族との時間~ ~皆様よりいただいた「家族と一緒に季節を感じて笑顔になった瞬間」にまつわる作品を紹介します~
第四弾 第6回 スマイル川柳 ~四季折々 笑顔ほころぶ家族との時間~

皆様より寄せられた「家族と一緒に季節を感じて笑顔になった瞬間」をテーマにした「川柳」を、ご紹介しています。

さまざまな作品が寄せられた中、今回は以下の10作品をご紹介させていただきます。

限られた文字数の中で表現される、「思わず笑顔にしてしまうような心温まる作品」や「クスリと笑える作品」、「ほっこりと笑顔になれる作品」など、皆様からの心温まる作品が満載ですので、ぜひご覧ください。

応募期間:2018年8月24日~2018年9月24日

山行こう 今日の晩飯 栗ごはん
モリのくまさん(島根県・10代・女性)
作品にまつわるエピソード

晩ご飯の栗を拾いに、家族で山に行きました。取りたてはやっぱりおいしい。

お芋掘り 大手を振って 泥遊び
パプリカさん(神奈川県・60代・女性)
作品にまつわるエピソード

家族でサツマイモ掘りに行った時のこと。孫にとっては思い切り泥遊びできることのほうが、芋を掘ることよりも楽しかったようです。

虫の音を 聴いては止まり 耳澄ます
まいきーさん(兵庫県・20歳・女性)
作品にまつわるエピソード

散歩をする度に虫の音が聞こえ、子がその度に耳に手を当てどこから聴こえるか一生懸命耳を澄ませます。自分が大人になってからは虫の音が聴こえても「聴こえるな」と思うだけですぐ歩き出してしまいます。子供と一緒にいると小さくて見逃してしまうような物を立ち止まってじっと見たり、聴こえる音にも関心を持っていて、忘れかけていた気持ちにはっとします。夏はセミ、秋はコオロギと色々な生物がいることを久々に思い出しました。自然に目を向けることはいいことですね。

カマキリと 目が合い道を ゆずる娘達(こたち)
やすよさん(兵庫県・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

道を歩いているとカマキリを見つけました。カマキリのするどい目でにらまれると怖くて、「どうぞっ、早く通って!」と娘達は道の端によっていました。

鳴いてるね スズムシマツムシ 腹のムシ
キツツキツツキさん(埼玉県・20代・男性)
作品にまつわるエピソード

リンリンリン・・・。夕暮れ時、ふと虫たちの声に気づく。そこに「ぐぅ~」と腹の虫まで鳴き出した。「風情がないね~」しかたないじゃない、食欲の秋だもの。

徒競走 ビリでも美味い 握り飯
よいこさん(千葉県・50代・男性)
作品にまつわるエピソード

運動会の徒競走でビリなのは悔しいけど、母の作った握り飯は食欲の秋にとても美味しい。

栗飯を 栗だけ取る子の 箸使い
梅こんぶさん(岐阜県・50代・女性)
作品にまつわるエピソード

子の大好きな栗ご飯。子は上手に箸で栗ばかりを食べ、ご飯を残しおかわり!いつの間に、栗を綺麗な箸使いで器用に取れるようになったのかと、そちらに感動しました。

いつ丸く なるのと孫が 月見上げ
秋空さん(北海道・60代・女性)
作品にまつわるエピソード

十五夜さんを楽しみに毎晩空を見上げている姿にほっこりします。

寒かった 我が子の夏の 通信簿
今 ゆうよさん(茨城県・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

暑い夏、子供の成績だけは寒かった

ばあちゃんが 敬老の日に 若作り
花豆さん(埼玉県・60代・女性)
作品にまつわるエピソード

敬老の日にお呼ばれしても、やはりまだ若々しくいたいのです。