ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
1月11日 鏡開き お正月にひとくぎり
鏡餅 お正月に年神様へ感謝の気持ちを込めてお供えをした鏡餅をお下がりとしていただく事で、一年の家族の健康と幸せを願う、祝いの行事です。
 鏡餅の丸い形は家庭円満を表わし、大小にお餅を重ねた姿は一年をめでたく重ねるという意味があります。
 鏡餅の上に乗っているミカンは橙(だいだい)というミカンの種類で、実が大きく成長をしても木から落ちない事にあやかり、代々家が大きく栄えるようにという縁起物です。
 紅白に垂れ下がる紙は、御幣(ごへい)・四手(しで)といって、四方に手を大きく広げ繁盛するように。紅白の赤い色は魔除けの意味があります。この他に昆布や海老など、地方によってさまざまな飾り方がありますが、それぞれに意味や願いがしっかりと込められています。
 そして、鏡餅を開き、お汁粉などにして家族みんなで分け合って食べる事で、年神様をお送りして、お正月に区切りをつけます。
 お餅が食べきれない場合は、揚げ餅や洋風のグラタン、ピザなどのお料理にも活用すると、お餅を最後までムダにする事なくおいしく頂く事ができます。
 日本人が昔から大切にしてきた「感謝の心」。行事に込められた意味は時代や生活スタイルが変わってもしっかり伝えていきたいものですね。