ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
沖縄の夏は「ぜんざい」
 ひと足先に梅雨が明けて、青い空に輝く太陽、エメラルドグリーンの海と白い砂浜。沖縄には日本一早い夏がやってきました。
 沖縄の夏といえば『黒糖ぜんざい』。みんなが大好きなふるさとの夏のおやつです。
 すっきりとした淡い甘さがいい暑い夏に「ぜんざい」を食べる? ちょっと首をかしげたくなりますね。
 本土の「ぜんざい」はお餅が入った小豆あんの甘くて温かいお汁粉。
 でも『黒糖ぜんざい』は冷たい氷菓子。暑い沖縄の夏の風物詩のひとつです。
 山盛りになったかき氷をスプーンで堀り下げると、下には白玉と金時豆が隠れています。「かき氷」のようにシロップもミルクもかけてありません。
 だから、あっさりとした甘さ、黒糖で煮込んだ金時豆のおいしさがそのままストレートに味わえます。

 おばあちゃんが教えてくれました。沖縄の特産品さとうきびの絞り汁を煮詰めてつくった黒糖のやさしい甘さと香り、金時豆の味と歯ごたえをたしかめながら食べなさいと。昔は緑豆を使ったが、戦後アメリカ軍の占領下になってから、カリフォルニア産の金時豆に変わったのだと。甘すぎるとすぐまたのどが渇くが、このすっきりとした淡い甘さが沖縄の夏にぴったりなのだと。

 沖縄のおやつには、そのほか球形のドーナツ『サーターアンダギー』や『ちんすこう』という焼き菓子、黒糖菓子など、沖縄らしいふるさとの味がするお菓子がたくさんあります。