ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
広島風お好み焼き
具を次々「重ね焼き」
 広島のおいしい自慢といえば、それはお好み焼き。子どもからおばあちゃんまでみんなの大好物です。
 お好み焼きには大阪風や、東京風(もんじゃ焼き)がありますが、広島風のお好み焼きがよそと大きく違うのは重ね焼きという焼き方です。
 大阪や東京でははじめから小麦粉の生地に具を混ぜて焼きますが、広島では生地の上にキャベツやモヤシ、その上に豚肉やイカやエビなどお好みの具を重ねて焼きます。さらに卵と炒めたそばめんをのせてひっくり返します。
 ソースはちょっぴり甘め、仕上げに青ノリをふりかけてハイでき上がり。具がいくつも重なって、ふっくら厚みのある広島独特のおいしさです。

かつては米の代用食
 昔は、こんなにぜいたくなものではありませんでした。昭和の初めごろ、駄菓子屋の店先でかつお節やとろろ昆布などをのせて焼いた「一銭洋食」という子どものおやつが、戦後の食料が乏しい時代に、ご飯の代用食として仮定でも作られるようになりました。やがて街にもお好み焼きの屋台やお店がたくさんできて、広島のお好み焼きは少しずつぜいたくに、おいしく進化していったのです。
 「ピカドンの被爆の荒野で大きくなった私ら昭和の世代は、お好み焼きで育ったといっていいかもしれないね」。広島のおばあちゃんはアツアツをおいしそうに食べながら、そう教えてくれました。