ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
柏もちとちまき
 やねよりたかい こいのぼり おおきいまごいはおとうさん ちいさいひごいは こどもたち おもしろそうに およいでる
 (作詩・近藤宮子)

 5月の晴れわたった空にこいのぼりが元気よく泳いでいますね。5月5日はこどもの日。「子どもの人格を重んじ子どもの幸福をはかると共に、母に感謝する日を設けよう」という趣旨で昭和23(1948)年に国会で「祝日法」として施行され、祝日となりました。
 もともと5月5日は江戸時代の昔から「端午の節句」「菖蒲の節句」として、男の子の誕生を祝う年中行事でした。こいのぼりには、こいが黄河の急流をさかのぼって最後は竜になるという中国の出世魚の伝説から、この子が元気にたくましく育ってほしいという願いがこめられています。
 端午の節句には、柏もちやちまきを食べる習わしがあります。柏もちは米粉を蒸して作ったしんこもちに小豆のあんやみそあんを入れ、柏の葉で包んだお菓子ですが、柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないことから、縁起のいい植物だとされています。年中行事の料理や菓子は中国から伝来したものが多いのですが、この柏もちはめずらしく日本のオリジナルな祝い菓子だそうです。
 甘みを加えたしんこもちを笹の葉で巻き、い草でしばって作るちまきは、奈良時代に中国から伝わったものです。
 男の子も女の子も、こどもの日の祝い菓子をおいしく食べて、元気に『こいのぼり』を歌ってください。
(毎日小学生新聞 10年5月4日掲載)