ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
ハロウィンの冒険
 こわいけれど、よく見るとどこかユーモアを感じるかぼちゃお化けの提灯。ハロウィンのたのしみが近づいてきましたね。
 10月31日はハロウィンの日。もともとは欧米のキリスト教の聖人をお祝いする「万聖節」の前夜祭なのです。この日の夜には、亡くなった先祖の霊がそれぞれの家に帰ってくるのだと言い伝えられています。日本の夏の「お盆」と同じような行事ですね。
 ところが困ったことに、帰ってくる先祖の霊の後ろから魔女や悪霊がついてきて、町中にいたずらを仕かけて大混乱をまき起こすのです。そこで魔女や悪霊を追いはらうために、カボチャのお化け提灯をつくり明かりを灯すのだそうです。

トリック・オア・トリート

 ハロウィンの夜、子どもたちは魔女や妖精や大好きなヒーローの仮装をして近所の家を回り、お菓子をもらって歩くことが許されいます。
 「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)」と叫ぶ子どもたちに、大人は用意したクッキーやキャンディーそしてチョコレートやハロウィングッズなどを「ハッピーハロウィン」と唱えて差し出します。
 暗い夜の町を歩くのだからちょっぴりこわい。でも、たのしい冒険。今年のハロウィン、あなたはどんなキャラクターを選んで仮装するのかな。どれだけたくさんお菓子を集めるのかな。ハッピーハロウィン!

(毎日小学生新聞 10年10月29日掲載)