ページ内を移動するためのリンクです

  1. HOME
  2. 会社・IR情報
  3. CSRへの取り組み
  4. 安全・安心の取り組み
  5. 安全のために3

安全のために3

本物の5S活動

2009年に工場からスタートした「本物の5S」活動は、これまで、洋菓子直営店舗、本社部門、営業支店へと活動を広げ、「安全で、生きがい、やりがいの持てる職場づくり」を目指し、全員参加の活動として推進してきました。
2017年度は「クレームゼ口」を活動の基本方針とし、洋菓子工場では、三現主義(現場、現物、現実)の考え方で職場や作業に隠れたムダを積極的に見つけ出して快善(※)する取り組みを実施することで成果を生み出しています。菓子工場では、工場の職場ごとに5Sチームを組織し、管理職が設定した課題(労働安全衛生、収益向上、品質向上)に職場の従業員が取り組む、工場一丸となった活動をしています。
今後も5S活動を通して、よりお客様の笑顔のために何ができるかを各部門、職場のチームで取り組んでいきます。

  • 快善……従業員が生きがいを持って仕事ができる職場を目指すことから、この漢字表記を使用しています。

「防災への取り組み」について

工場の防災巡回点検の様子

不二家では、2012年6月に埼玉工場の製造ラインの一部を焼失しました。被害は軽微でしたが、この火災を機に防火・防災体制を見直しています。また、地震などの自然災害に備えるため本社と工場では「防災巡回点検」を毎月実施しています。自然災害からの二次災害につながるリスクを摘み取り、消火栓や消火器などの設備が定位置にあるか、棚や書庫などが固定されているかを徹底して確認しています。さらに本社では避難通路の確保、身の回りの整理整頓ができているかを毎月巡回し確認することや防災に関する教育も実施しています。

「不二家食品安全の日」について

2007年1月、不二家は消費期限切れ原料の使用に端を発して、社会並びに消費者の方々に多大なご迷惑をおかけし、食に対する不安を与えてしまいました。この一連の問題を社内で風化させることなく、全社を挙げて食品安全に対する真摯な取り組みを継続していくため、2008年に、1月11日を「不二家食品安全の日」と定め、毎年1月に本社及び各事業所にて、式典や集会を実施しています。10回目を迎えた2017年の「不二家食品の日」の式典は、1月10日(火)に不二家本社にて開催しました。
2017年は、2007年当時農林水産省の消費安全局で表示・規格監視の責任者をしておられ、現在は公益財団法人「食の安全・安心財団」の理事・事務局長を務められている中村啓一氏にお願いし、「2007年に何が起きたのか ~センセーショナルな報道に行政も翻弄~」と題してご講演いただきました。2007年の不二家を含めた食品企業の問題から、 この10年に起きた様々な事件・事故を、主として行政側からの視点で本質的な原因の振り返りをしていただきました。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。ソフトがインストールされていない場合は、Adobe社のウェブサイトからダウンロードし、お使いのパソコンにインストールしてください。
ページ上部へ