安全のために2|安全・安心の取り組み|CSRへの取り組み|会社・IR情報|株式会社不二家

ページ内を移動するためのリンクです

  1. HOME
  2. 会社・IR情報
  3. CSRへの取り組み
  4. 安全・安心の取り組み
  5. 安全のために2

安全のために2

不二家におけるAIB(American Institute of Baking)フードセーフティの取り組みについて

ICタグによる入場(平塚工場)

不二家では2007年2月より、洋菓子5工場、菓子3工場のすべての工場でAIBフードセーフティに取り組んでいます。AIBフードセーフティとは、米国にあるAIB(米国製パン研究所)が食品安全衛生に関する法律・規則を基に独自に設定した「AIB国際検査統合基準」に則って、食品安全衛生管理を有効に機能させるために行う活動です。「AIB国際検査統合基準」には、原材料の入荷から製品の出荷まで安全性を確保するために下記の5つのカテゴリーで構成されています。

  1. 1作業方法と従業員規範
    製品が従業員や生産工程によって汚染されることを防ぐ方法を示しています。
  2. 2食品安全のためのメンテナンス
    施設や設備が衛生上、及び食品安全上の危害を招かないように、最適な設計や保全方法を示しています。
  3. 3清掃活動
    製品の汚染を回避するための清掃に関するガイドラインを示しています。
  4. 4総合的有害生物管理
    有害生物(鼠族、昆虫類)による食品の汚染を避けるための管理する方策を示しています。
  5. 5前提条件と食品安全プログラムの妥当性
    前提条件プログラムを施設全体に一貫して実施していることを確実にするための基準を示しています。

各カテゴリーで守る事項が詳細に決められており、合わせると約100項目になります。AIBでは、外部専門機関による監査があり、点数で評価されます。「AIB 国際検査統合基準」の5つのカテゴリーが各200点の配点を持ち、総合評価として1000点満点で採点されます。
不二家ではこの外部専門機関でのAIB監査を実施し、全ての工場で合格点を獲得しています。現在も「AIB 国際検査統合基準」に則り、各工場において各部門の代表者から構成される自主検査チームを結成し、月1回、全ての製造設備に対して「AIB 国際検査統合基準」に適合しているかの確認のため自主検査を実施しています。そこで不適合な箇所を抽出し、必要な改善措置を計画的に進めています。改善措置については、月1回実施している「食品安全衛生委員会」で改善進捗確認を行い、常にシステムの維持向上に努めています。さらに、AIB 活動のレベルアップのために、毎年、菓子製造工場の秦野工場、平塚工場、富士裾野工場、洋菓子製造工場の埼玉工場、野木工場、泉佐野工場で外部専門機関によるAIB監査を受け、工場の食品安全衛生管理の強化に努めており、今年も順次実施していく予定です。また、当社子会社不二家フードサービスのレストラン店舗についてもAIB監査を実施しています。その他、フードディフェンス(食品への意図的な異物混入の防止)についても、各工場に品質保証カメラを設置するなど対策を進めています。

ISO22000:2005およびFSSC22000への取り組み

不二家菓子事業本部では、食品安全体制の更なる強化を目的として、従来取得していた品質マネジメントシステム(I SO9001:2008)から食品安全マネジメントシステム(ISO22000:2005)※1及び食品安全システム認証(FSSC22000)※2に移行するため、2017年8月に食品安全品質方針を掲げました。
食品安全マネジメントシステム(ISO22000:2005)の適用範囲は菓子製造3工場だけでなく関連する本社部門も含んでおり、菓子事業本部全体で食品安全について考え、日々取り組んでいます。
全体マネジメントの運営や統括として、社長・各部門長などをメンバーとして食品安全チームを編成し、定期的に開催するFMS会議※3のなかで、食品安全・製品品質に関する議論や各部門への指示を出しています。
さらに工場では工場長・各部門長をメンバーとした食品安全工場チームを編成し、FSSC22000運営のほか、FMS会議での指示事項の徹底を行い、工場の活動に繋げることで、本社部門と工場が一体となった食品安全管理体制の構築を図っています。
2017年11月に内部監査を実施するため、外部講師によるISO22000:2005およびFSSC22000内部監査員教育に合計163人が参加し、食品安全に対しての考え方を改めて学ぶ機会となりました。その後各部門から選抜された内部監査員が他工場・他部署に赴き、各部門で掲げた食品安全品質目標への取り組みや、社内のルールに基づいた生産活動を行っているかの確認を行いました。良い活動は自部署に持ち帰って水平展開することで、各職場のリーダー、若手社員、パートナー社員を含めた食に関わる全員の意識と技術の向上を図っています。
2018年1月~3月に本審査を受け、4月に適用範囲で認証取得となりました。今後も、食の安全・安心とお客様満足の向上のため、継続的な改善活動を行ってまいります。

  1. 1ISO22000:2005 適用範囲(2018年4月現在)
    菓子事業本部、食品安全衛生管理本部、秦野工場、平塚工場、富士裾野工場、購買部、施設部 [統括部、広域営業部、食品品質検査担当、食品安全衛生管理本部洋菓子工場分室は除く]
  2. 2FSSC22000 適用範囲
    秦野工場、平塚工場、富士裾野工場
  3. 3FMS会議
    食品安全システムが有効に機能しているかをチェックするために開催する

食品安全品質方針

  1. 1当社はお客様に満足いただける、安全で品質のよい商品とサービスを提供します。
  2. 2関連法規を守り、安全・安心な食品安全マネジメントシステムを確立し、運用します。
  3. 3作業ルールの遵守はもとより、開発、製造各段階の流れと責任を明確にして、食品事故およびクレームの発生防止に努めます。
  4. 4食品安全マネジメントシステムの有効性について継続的な改善を行います。
  5. 5風通しのよい企業風土を作り、社内および外部関係者との積極的なコミュニケーションを図ります。

食品安全品質方針の達成のため、各部門の目標を設定し、レビューするとともに、全体に周知徹底します。

2017年8月1日
株式会社 不二家
代表取締役社長 櫻井 康文

内部監査風景

製造ラインを監査し、質疑応答する様子
改善活動の取組みについて熱心に議論する様子
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。ソフトがインストールされていない場合は、Adobe社のウェブサイトからダウンロードし、お使いのパソコンにインストールしてください。
ページ上部へ