ページ内を移動するためのリンクです

  1. HOME
  2. 会社・IR情報
  3. IR情報
  4. 不二家の経営方針
  5. コンプライアンスの推進

コンプライアンスの推進

 不二家はコンプライアンスを経営の基礎および重要課題と考え、公正かつ誠実な企業活動を行い、社会に対する責任を積極的に果たしています。
 社会からの要請に応えるべく、コンプライアンスを「単なる法令遵守にとどめず、社内規程・ルールを守ることに加え、社会倫理にも適合していくこと」と捉え、企業価値向上を目指しています。

コンプライアンス推進体制

 コンプライアンス活動を不二家グループ全体で徹底、推進していくため、取締役を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、全社的な方針の制定、事故発生時の原因調査と再発防止策の策定などを行い、その結果を必要に応じて社長、取締役会に報告及び提案しています。コンプライアンス室ではコンプライアンスについての意識付けや啓蒙教育を継続的に実施しています。
 また、内部通報(コンプライアンス・ヘルプライン)制度を導入し、当グループの社会的信頼の維持及び業務運営の公正性の確保に努めています。

2018年度のコンプライアンス教育

 従業員のコンプライアンスマインドの醸成・啓蒙を、企業価値向上のために欠くべからざる最重要課題と位置づけ、コンプライアンス教育に継続的に取り組んでいます。
 2018年度の教育は、5月から11月にかけて従業員のコンプライアンス意識の維持・向上を目的に、ビデオを混じえて各事業所で実施しました。
 教育の中では、実際の企業不祥事を例にして、発生原因は何か考えることやセクハラ対策シリーズの研修ビデオを視聴して、従業員一人ひとりの意識向上を図りました。
 また、新入社員研修、階層別研修、店舗トレーニングなどにおいても、コンプライアンスの基本について教育し、従業員の意識向上に努めています。

内部通報(コンプライアンス・ヘルプライン)制度

 グループ各社内の法令違反などの未然防止と早期発見を目的として、内部通報(コンプライアンス・ヘルプライン)制度を導入しています。
 この制度は、不二家グループ各社内にある事案や行動が、法令・社内規定・ルール等に違反するかどうかなど、コンプライアンスに関する相談窓口としても機能しています。
 この制度を従業員が活発に利用できるよう、全従業員に企業理念や連絡先が入ったコンプライアンスヘルプラインカードを配布しているほか、外部弁護士への連絡窓口を設けることで、通報や相談がしやすい環境作りにも努めています。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。ソフトがインストールされていない場合は、Adobe社のウェブサイトからダウンロードし、お使いのパソコンにインストールしてください。
ページ上部へ