ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 投稿コーナー
  • 募集メニュー
  • スマイル川柳
スマイル川柳第三弾 家族にまつわる可笑しな話
  • 第11回
  • 第10回
  • 第9回
  • 第8回
  • 第7回
  • 第6回
  • 第5回
  • 第4回
  • 第3回
  • 第2回
  • 第1回
スマイル川柳第二弾 家族の絆とスマイル スマイル川柳第一弾 笑顔に、愛がある
スマイル川柳~家族にまつわる可笑しな話~ ~皆様よりいただいた「家族の愉快で可笑しな話」にまつわる作品を紹介します~
第三弾 第11回 スマイル川柳 ~家族にまつわる可笑しな話~

皆様より寄せられた「家族の愉快で可笑しな話」をテーマにした「川柳」を、ご紹介しています。

さまざまな作品が寄せられた中、今回は以下の10作品をご紹介させていただきます。

限られた文字数の中で表現される、「笑い転げたくなるようなハプニング」や「微笑ましいエピソード」、「思わず苦笑いしてしまうような面白い癖」など、家族の愉快で可笑しな話が満載ですので、ぜひご覧ください。

応募期間:2018年1月25日~2018年2月24日

百点で スキップしてる ランドセル
かた こりこさん(茨城県・60代・女性)
作品にまつわるエピソード

孫はひょうきんものです。百点をとろうものなら、スキップして帰ってきます。

週末は 寝だめ食いだめ 遊びだめ
ほり・たんさん(福島県・40代・男性)
作品にまつわるエピソード

特に子どもたちが小さなうちは、「遊びだめ」が大変でした(笑)

先生に 「ママ」と言って 顔赤らむ
やすよさん(兵庫県・30代・男性)
作品にまつわるエピソード

娘は小学校の参観日の時に、先生に向かって「先生」というところを「ママ」と間違えて大きな声で言ってとても恥ずかしそうでした。たぶん誰にでもある経験だと思います。顔を真っ赤にした娘が愛おしく思いました。

気付かない ふりに気づかず ボケたふり
中原政人さん(千葉県・80代・男性)
作品にまつわるエピソード

家族は父のボケたふりに気付いているのに、気付かぬふりをしている。それに気づかぬ父は一生懸命ボケたふりを繰り返す。

孫抱けと 言うが8キロ あやせない
ひなたわださん(東京都・60代・男性)
作品にまつわるエピソード

可愛いが重すぎて。

ポイントが 欲しくて妻の 無駄遣い
安田 蝸牛さん(千葉県・60代・男性)
作品にまつわるエピソード

お買物の際には、多かれ少なかれどちら様にも身に覚えのあることでは・・・。

昇級は パパより早い 子のプール
ざきじゅんさん(埼玉県・30代・男性)
作品にまつわるエピソード

習い事でスイミングを始めた二歳の息子。なんと二週間でもう次の級に。出世の早さにパパは脱帽です。

宝くじ 買って家族と 皮算用
としぽんさん(宮城県・50代・男性)
作品にまつわるエピソード

家族と宝くじ当たったら家を建てようとか、海外旅行しようとかまだ実現してませんが楽しいものです。ああ早く当てて夢を実現したい。

ダイエット 懐だけが 痩せていく
やんちゃんさん(福島県・50代・女性)
作品にまつわるエピソード

今は過食の時代ですぐ太るし、痩せるのにも色々とサプリを買ったり、健康器具を買ったりしてお金がかかりますね。

通知音 ラインキター!と 父はしゃぐ
あおなさん(埼玉県・30代・女性)
作品にまつわるエピソード

定年の父は時代に取り残されまいとスマホの勉強中です。スマホから音が鳴るたび嬉しそうにはしゃいでいますが、キター!は少し古い?