ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 森を育む活動
  • 森からの便り
  • 森の整備活動
  • 黒姫の「ペコちゃんの森」とは?
  • NEW!
  • 2018年 Vol.2
  • 2018年 Vol.1
バックナンバー(PDF)
  • 2017年
  • 2016年
  • 2011年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年

上記の掲載データをご覧いただくためには、プラグインAdobe Readerが必要です。下記ボタンからダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード
森からの便り 〜 「ペコちゃんの森」からのお便りです 〜
2018 Vol.2
【ペコちゃんの森のシンボルツリー「サワグルミの木」】
【ペコちゃんの森のシンボルツリー「サワグルミの木」】
 9月13日「ペコちゃんの森」に行ってきました。

 長野県は7月の豪雨で、多くの被害が出ました。
 ペコちゃんの森の状況も心配していましたが、力強く育った樹々が私たちを迎えてくれたので、ほっと胸をなで下ろしました。

 すっかり過ごしやすい気温になった森は、秋がすぐそこまで来ていることを感じさせます。

 9月の森には、たくさんのキノコが生えていました。 【さまざまなキノコ】

【さまざまなキノコ】 【さまざまなキノコ】 【さまざまなキノコ】 【さまざまなキノコ】
【さまざまなキノコ】

【タマゴダケ】
【タマゴダケ】
 赤い色がきれいなタマゴタケは一見毒キノコのようですが、実は食べられる、おいしいキノコなんです。

 秋を告げる花のひとつである、アケボノソウの花が咲き始めていました。
 5つに分かれた花びらは、まるで星のよう。とても可愛らしいですね。
【アケボノソウ】
【アケボノソウ】

【ウワバミソウ】 【ウワバミソウのムカゴ】
【ウワバミソウ】【ウワバミソウのムカゴ】
 「ウワバミ」とは、大きなヘビのこと。
 ウワバミが住んでいそうな場所に生えていることから、ウワバミソウと名付けられたこの植物は、ミズという名前の山菜としても知られています。
 秋になると、ミズは葉と茎の付け根にムカゴと呼ばれるコブを付けます。シャキシャキとした食感の中にヌメりがある、ちょっと不思議な味わいの、秋の味覚です。

 サラシナショウマの花は、とても甘い香りがします。
 良い香りに誘われて、蝶が蜜を吸いにやって来ました。
【サラシナショウマの蜜を吸う蝶】
【サラシナショウマの蜜を吸う蝶】

【熊がミツバチの巣を襲った跡】
【熊がミツバチの巣を襲った跡】
 木の割れ目にミツバチの巣を見つけました。
 どうやら、熊が蜜を食べようとしたようです。巣の入り口が削られてボロボロになっていました。
 結局、熊は蜂の巣まで到達できずに諦めたのでしょう。ミツバチがせっせと花の蜜を運び続けていました。

 熊が生息している森は、豊かな森であると言われています。
 熊は秋になると、冬眠に向けて食べ物を求めて活発に行動します。
【子熊が木登りをした爪痕】
【子熊が木登りをした爪痕】

【森の様子】
【森の様子】

 

暑い夏が終わり、秋の足音が聞こえてきている「ペコちゃんの森」からの便りでした。