ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
お盆のお供え菓子
 8月13日から16日までのお盆に合わせて、故郷へ帰る帰省ラッシュがはじまりますね。7月の中旬にお盆を迎える地方もありますが、全国的にはやはり8月のお盆が多いようです。
 お盆というのは、亡くなった先祖の霊が、あの世から現世に戻り、子孫のみんなと楽しく過ごそうと家に帰ってくる、といわれる仏教の行事です。
 お盆の迎えかたは、地方の風習によってさまざまなかたちがありますが、ご先祖さまを「お迎えする、供養する、お送りする」という基本のかたちは変わりません。
 13日には迎え盆といってお墓参りの後、ご先祖さまが迷わないよう盆提灯に明かりを入れてお迎えします。
 いつも私たちを見守り育ててくれたご先祖さまに感謝をこめて、仏壇の前にお菓子や果物や野菜などを供えて供養します。
 お供え菓子の代表的なものには、餅米で作った粉に砂糖と水飴を練り合わせ菊や蓮の花をかたどった落雁という干菓子や白玉団子、ゼリー、クッキーなどがあります。
 キュウリでつくった馬は「馬に乗って早く帰ってきてください」、ナスでつくった牛は名残惜しいので「牛に乗ってゆっくり戻ってください」という願いがこめられているのだそうです。
 16日の夕方には、送り火をたいて、ご先祖さまを送り出します。お供えのお菓子は、もちろんおすそ分けとして、おいしくいただきましょう。
(毎日小学生新聞 10年8月11日掲載)