ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
  • 世界のクリスマスケーキ
  • 七五三の千歳飴
  • ハロウィンの冒険
  • 十五夜の月と兎と団子
  • お盆のお供え菓子
  • 星に願いを
  • ホットケーキ
  • 柏もちとちまき
  • お花見と団子
  • 家庭の味伝える二つの蒸し菓子
  • ストーブの側で冷たいアイス
  • 広島風お好み焼き
  • クリスマスケーキの思い出
  • 秋深く 奈良の柿
  • りんごの故郷 青森
  • 信州の秋おやきの秋
  • 阿波踊りの夏のおいしさ
  • 沖縄の夏は「ぜんざい」
  • 鹿児島のおやつ菓子
  • 八十八夜
  • 3/3 ひな祭り
  • 1/11 鏡開き
食の歳時記 〜伝えていきたい日本の歳時と食の文化〜
七五三の千歳飴
 着物やお気に入りの晴れ着を着た子どもが、お父さんやお母さんと手をつなぎ神社にお参りする晴れ姿をよく見かけるようになりましたね。11月15日は七五三の日。子どもの成長を祝い幸せを祈る、平安時代から続いている日本の伝統的なおめでたい行事です。
 女の子は三歳と七歳、男の子は五歳の時に、氏神様の神社へお参りして、ここまで大きく育ちました、ありがとうございましたという報告とお礼をし、これからも明るく元気に育ちますようにとお願いをします。
 お宮参りの帰りには、おみやげに細長い棒の形をした「千歳飴」を買ってもらいますね。
 水飴と砂糖で作ったこの飴菓子は、やさしい甘さと独特の舌触りがあります。「千歳」は千年という意味、細長い飴の形は「なが〜くのびる」というところから、「千歳飴」には子どもが健康で長生きしますようにという願いが込められています。
 紅白の二種類の飴があるのは、おめでたい縁起がいい色だから、幸せになるようにと願い、袋にかならず描いてある鶴と亀、松竹梅の絵も、この子の将来に福を呼び込むためだといわれています。
 あなたの七五三の思い出はどんなものですか。「千歳飴」の袋をさげた子どもに出会ったら、「おめでとう」とお祝いのことばをかけてあげましょうよ。
(毎日小学生新聞 10年11月12日掲載)