ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
「日本の各地域の人々の暮らし」に関する調査レポート 2020年4月調査
  • NEW
  • 都道府県イメージ(中国・四国編)
  • 都道府県イメージ(近畿編)
  • 都道府県イメージ(北陸・中部編)
  • 都道府県イメージ(関東編)
  • 都道府県イメージ(北海道・東北編)
  • 調査概要
    「家族と日々の暮らし2」に関する調査レポート 2019年4月調査 「家族と日々の暮らし」に関する調査レポート 2018年3月調査 「家族で過ごす日本の四季と文化」に関する調査レポート 2017年3月調査 「家族(親族)」に関する調査レポート
    「家族(親族)」に関する調査レポート
    「家族(家庭)」に関する調査レポート
    日本の季節と文化に関する調査とレポート

    第10回 おやつ 家族と日々の暮らし2

     このコンテンツでは、不二家ファミリー文化研究所が独自に行った、さまざまなアンケート調査の結果を、毎月皆さんにお届けしています。
     今回不二家ファミリー文化研究所が行ったのは、中学生までのお子様がいる全国の20代〜40代の既婚女性210名を対象とした「家族と日々の暮らし2」に関するアンケート。日々の暮らしから見える「家族への想い」や「家族の絆」、ちょっとした「生活文化」などを調査結果とともに紹介していきます。
     第10回は、「おやつ」についてです。

    調査内容 Q.どのような「おやつ」が好きですか? Q.お子さんはどのような「おやつ」が好きですか? Q.どのような時にお菓子を食べたくなりますか? Q.どれくらいの頻度でおやつを食べますか? Q.子ども用のお菓子を選ぶ時、どんな点を重視していますか?

    大人から最も支持を得ているおやつは「チョコレート」!

     最初にみなさんに、好きなおやつを3つまで回答してもらったところ、最も多かったのは「チョコレート」(149票)で、「アイスクリーム」(100票)と「ケーキ」(93票)が後に続きました。

    Q.どのようなおやつが好きですか? 回答者:210名(複数回答) 棒グラフ

    子ども人気1位も「チョコレート」!

     次に、お子さんが好きなおやつを3つまで回答してもらったところ、1位と2位は大人と同じく「チョコレート」(107票)、「アイスクリーム」(92票)でしたが、3位には大人とは異なり「スナック菓子」(79票)がランクインしています。

    Q.お子さんはどのようなおやつが好きですか? 回答者:210名(複数回答) 棒グラフ

    お菓子を食べたくなるのは「疲れた時」。

     今度はみなさんに、どのような時にお菓子を食べたくなるか聞いてみたところ、最も多かったのは「疲れた時」(143票)で、「間食」(129票)と「小腹がすいた時」(112票)が僅差で続きました。

    Q.どのような時にお菓子を食べたくなりますか? 回答者:210名(複数回答) 棒グラフ

    半数以上の方が、「ほぼ毎日」おやつを食べている。

     次にみなさんに、おやつを食べる頻度について聞いてみたところ、半数以上に当たる117名の方が「ほぼ毎日」と回答しました。以下、「週に3〜5日くらい」(61票)、「週1〜2日くらい」(23票)と続いています。

    Q.どれくらいの頻度でおやつを食べますか? 回答者:210名(複数回答) 棒グラフ

    子ども用のお菓子選びで大切なのは、「おいしさ」と「値段」。

     最後にみなさんに、子ども用のお菓子を選ぶ時に重視している点を3つまで答えてもらったところ、圧倒的に多かった回答は「おいしさ」(148票)で、2位は「値段」(123票)でした。少し離れて「個別包装、小分け」(70票)が続いていますが、これも長期間おいしく経済的に食べられる工夫の1つですね。

    Q.子ども用のお菓子を選ぶ時、どんな点を重視していますか? 回答者:210名(複数回答) 棒グラフ
    調査結果 子どもから大人まで、幅広い支持を得ている人気No.1おやつは、「チョコレート」! 大人は「疲れた時」にお菓子を食べたくなる。 半数以上の方が「ほぼ毎日」、おやつを食べている。 子ども用のお菓子選びで重要なのは「おいしさ」と「値段」。
    おやつ

     今回は「おやつ」について調査してみました。
     この調査では、半数以上の方が「ほぼ毎日」おやつを食べているという結果になりましたが、みなさんはいかがでしょうか?直近1ヶ月を振り返って、おやつを1度も口にしなかった日がどのくらいありますか?
     食べすぎには要注意ですが、気分をリフレッシュできたり、小腹を満たせたり、周りとのコミュニケーションに役立ったりといった「おやつの効能」も捨てがたいですよね。ほど良いバランスを保ちながら、おやつタイムを楽しんでいきたいものです。

     次回は、「防災」についてお届けします。お楽しみに。