ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
世界の暮らしインタビュー
  • ERIKO&ペコちゃんの旅
  • 総集編
  • NEW
  • vol.15
  • vol.14
  • vol.13
  • vol.12
  • vol.11
  • vol.10
  • vol.9
  • vol.8
  • vol.7
  • vol.6
  • vol.5
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • タタールスタン共和国編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • カルムイク編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • パラオ編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • スペイン編
  • vol.3
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ドイツ編
  • vol.2
  • vol.1
  • 長崎・五島列島編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • イラン編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ジョージア編
  • vol.2
  • vol.2
  • vol.1
  • イタリア編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ホンジュラス編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ロシア編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.3
  • キューバ編
  • v    ol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ネパール編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • アルゼンチン編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • フィンランド編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
ERIKO&ペコちゃんの旅~ERIKOさん&ペコちゃんが訪れた世界の国の文化や習慣をご紹介~

このコーナーでは、ERIKOさんとペコちゃんが一緒に旅をした、世界の国々の文化や習慣をご紹介しています。

ERIKO(エリコ)さんのプロフィールはコチラ

総集編 Vol.13 「世界の子ども達  〜ネパール編〜」

 私とペコちゃんが旅を通して出会った『世界の子ども達』、今回は南アジアのインドとチベットの間にあるネパールを紹介します。ネパールの公用語はネパール語ですが、実際は100以上の民族がさまざまな言語を話す、多民族国家の代表格のような国です。
 最近は日本でも、留学生や出稼ぎなどで来日したネパール人を見かけるようになりましたね。現在日本に9万人以上が暮らすネパール人は親日で思いやりのある方が多く、レストランやコンビニエンスストアで接客される度に、現地で優しく接してくれた人々の姿と重なって思わずエールを送りたくなってしまいます。
 日本人で初めてネパールを訪れたのは、禅僧の河口慧海(かわぐちえかい)です。チベットへ向かう途中でネパールを訪れた彼は、日本とネパールが文化的つながりを結ぶきっかけを作りました。近年は、植村直己や田部井淳子をはじめとする日本人登山家の活躍が現地でも良く知られています。

ヒマラヤ山岳地帯にある「クムジュン村」

◆ヒマラヤ山岳地帯にある「クムジュン村」
 ネパールには、世界に14座ある8,000m級の山の8座を有するヒマラヤ山岳地帯があります。飛行機が飛ぶ高度が約8,000mから12,000mですから、8,849mの高さを誇るエベレストは、まさに地球から突き出たとてつもなく大きな壁のようです。
 日本では標高に関係なく山に登ることを「登山」と呼びますが、高い山々に囲まれたネパールでは6,000mの以上の雪線(雪が1年中消えない地域の下限を繋げた線)を超えるときだけ「登山」と呼び、それより標高が低い場合は「トレッキング」と呼んでいます。
 ヒマラヤへの玄関口であるルクラ村からエベレストベースキャンプまで続く「エベレスト街道」には、4月の春の訪れと共に、世界中からたくさんのトレッカー達がやってきます。このエベレスト街道の標高約3,800m地点にあるのが、シェルパ族が暮らす「クムジュン村」です。
 シェルパ族は元々ヒマラヤの山岳地帯でチベットと交易をして暮らしていた山岳民族で、高地や岩場に強い遺伝子を持っていると言われています。そんな彼らの多くは登山隊のメンバーに加わり、ガイドやコック、ポーターといった仕事に従事しています。

標高3,800mに暮らす子どもたち

◆標高3,800mに暮らす子どもたち
 クムジュンスクールに通う小学生のペンマちゃんは、学校の休み時間になわとびやゴムとびで遊ぶのが大好きな女の子。日中働きに出かけるお母さんに代わって弟の面倒を良く見る、しっかり者のお姉さんです。
 放課後は宿題を済ませた後、1km以上離れた水道まで出かけて行って生活用水を汲み、洗濯をします。水道へ続く急な坂道を、慣れた足つきで重い荷物を軽々と運ぶ姿はとても頼もしく映ります。作業を終えて家に戻った後は、食事の準備も手伝っていました。

ネパールには、2〜3ヶ国語も話せるすごい子がたくさんいたよ! “ペコより”

 そんな彼女の家のリビングには、ペンマちゃんのお父さんの写真が飾られています。お父さんは数年前に登山の仕事で不慮に事故に遭い、帰らぬ人となってしまいました。この村では彼女のように、登山の仕事で父親を亡くした家庭は珍しくありません。このような経験が、幼い彼らの心に山の厳しさを染み込ませていくのです。
 ペンマちゃんの将来の夢は、お医者さんになって貧しい人達を診療することだそうです。お医者さんは村の女の子達の憧れの職業の1つです。ちなみに男の子に人気があるのはパイロット。登山シーズンになると村の上空を頻繁に飛ぶヘリコプターを追いかけるうちに、いつかは空から自分の村を眺めてみたいと思うのでしょう。動くものに興味を持つというのは、世界中の男の子に共通しているみたいですね。

国民的人気のお菓子「チャットパテ」

◆国民的人気のお菓子「チャットパテ」
 見た目もにぎやかなチャットパテは、大人から子どもまで大人気! パフライス(ポン菓子)にくだいた乾燥インスタントラーメン、ひよこ豆、玉ネギ、きゅうり、トマト、ゆでたジャガイモ、コリアンダー、レモンジュース、スパイス……など、たくさんの材料を豪快にミックスした、ストリートスナックです。
 カリッカリのインスタントラーメンと柔らかいじゃがいもの抜群な食感に、トマトときゅうりの甘味、チリなどのスパイスの酸味と辛味が合わさった絶妙なバランスがクセになり、1口食べると止まらなくなってしまいます。道端の路店で気軽に買える、というのも魅力です。

 次回も、これまでの旅の総集編をご紹介します。お楽しみに。

ERIKO(エリコ)

モデル・定住旅行家

鳥取県出身。東京コレクションでモデルデビュー。高校在学中、語学留学のためイギリス、アメリカ合衆国に滞在。高校卒業後、イタリア、アルゼンチン、ロシア、インドで語学習得のための長期滞在をきっかけに、様々な土地に生きる人達の生き方や生活を体感することに興味を抱き、スペイン語留学で訪れたアルゼンチンでの生活をきっかけに、ラテンの地と日本の架け橋になるという目的を持って、2012年から1年4ヶ月をかけて中南米・カリブ25ヶ国を旅する。現在モデルと並行し、「定住旅行家」として、世界の様々地域で、現地の人々の家庭で暮らすように旅を続け、人々の生活や生き方を伝えている。NEPOEHT所属(モデル)であり、雑誌、CM、企業講演、トークイベント、国内外TV、ラジオなどメディア出演多数。著書に「暮らす旅びと」(かまくら春秋社)、「世界の家 世界のくらし〜SDGsにつながる国際理解」全3冊(汐文社)。また、内閣府平成28年青年国際交流事業の効果検証に関する検討会委員。観光庁「若旅★授業」講師。とっとりふるさと大使。米子市観光大使。国際協力機構JICA「なんとかしなきゃ!プロジェクト」著名人メンバーなども勤める。

ERIKO(エリコ)
WEBSITE
http://chikyunokurashi.com
facebook
http://www.facebook.com/erikoklatino
youtube ERIKOチャンネル♪ 毎週水曜に更新中!
https://www.youtube.com/user/erikok1116
Instagram
https://www.instagram.com/Erikolatina/