ペコちゃんの森伝えていきたい自然 伝えていきたい家族の絆ペコちゃんの森とは?サイトマップ
  • ホーム
  • 森を育む活動
  • イベント
  • 投稿コーナー
  • 読み物
  • お楽しみ
  • 読み物
  • 世界の暮らしインタビュー
  • 調査レポート
  • 食の歳時記
世界の暮らしインタビュー
  • ERIKO&ペコちゃんの旅
  • デンマーク編
  • NEW
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • グリーンランド編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • 総集編
  • vol.18
  • vol.17
  • vol.16
  • vol.15
  • vol.14
  • vol.13
  • vol.12
  • vol.11
  • vol.10
  • vol.9
  • vol.8
  • vol.7
  • vol.6
  • vol.5
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • タタールスタン共和国編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • カルムイク編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • パラオ編
  • vol.4
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • スペイン編
  • vol.3
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ドイツ編
  • vol.2
  • vol.1
  • 長崎・五島列島編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • Vol.9
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ジョージア編
  • vol.2
  • vol.2
  • vol.1
  • イタリア編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ホンジュラス編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ロシア編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.3
  • キューバ編
  • v    ol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • ネパール編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • アルゼンチン編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
  • フィンランド編
  • vol.3
  • vol.2
  • vol.1
ERIKO&ペコちゃんの旅~ERIKOさん&ペコちゃんが訪れた世界の国の文化や習慣をご紹介~

このコーナーでは、ERIKOさんとペコちゃんが一緒に旅をした、世界の国々の文化や習慣をご紹介しています。

ERIKO(エリコ)さんのプロフィールはコチラ

デンマーク編 Vol.1 「サステイナブルな首都 “コペンハーゲン”」

 今回からの旅の舞台は、北欧デンマーク。東はバルト海、西は北海に面しており、ユトランド半島、シェラン島など400以上の島々から成る国です。人口は約581万人、首都のコペンハーゲンには約60万人が暮らしています。都市部へ移住する人が年々増え続けており、マンション建設や住宅地の開発が目まぐるしく進んでいます。
 北欧諸国はヨーロッパの北部に位置しているので、冬は厳しい寒さになるイメージがありますが、実際は、冬の平均気温は約1℃と日本の北海道よりも暖かいくらいです。
 デンマークは、8世紀末から11世紀半までの約250年間、「ヴァイキング」の時代でした。つまり、農民や職人が海を渡って略奪や支配を行い、奴隷貿易で財を築いた時代です。その後、隣国のノルウェーやスウェーデンと共に政治的統合体を形成しました。現在でもこの3国は、教育、政治、社会福祉、宗教など、共通している点が多いです。
 また、10世紀半ばから続く欧州で最も古い王室を持つデンマークは、世界最古の王室を持つ日本と長年親密な関係を築いてきた国でもあります。

ローンボルグ家

◆コペンハーゲンに暮らすスポーツ一家
 私とペコちゃんは、コペンハーゲンに暮らすローンボルグ家に滞在しました。この家に住んでいるのはアンネさんとクリスティアンさんのご夫婦で、2人の娘さんはご近所に暮らしています。アンネさんはIT会社の社長さん、クリスティアンさんは電力会社に勤務しています。
 スポーツ好きな2人の共通点はハンドボールでした。ハンドボールは、1チーム7名で相手のゴールにボールを入れ合う球技で、デンマークではサッカーに次いで人気のスポーツです。19世紀末頃に考案されたと言われており、1936年にはオリンピック競技としても採用されています。
 2人とも両親の影響で、幼少期から最近までハンドボールをプレーしていました。特にアンネさんが長年所属していたチームは、35歳以上のヨーロッパチャンピオンシップで優勝も果たしています。
 そんな彼らの2人の娘さんは、コペンハーゲンのアヤックスというチームに所属するプロのハンドボール選手!試合がある日は家族総出で応援に駆けつけています。
 現在の2人の趣味はゴルフです。休日に仲間と一緒にラウンドを回るのが楽しみだそうで、2〜3日の休暇が取れると、ヨーロッパの他の国やトルコなどにも足を延ばしてゴルフ旅行を満喫するそうです。

「コペンハーゲンは、地球に優しい街だったよ!」”ペコより”

◆世界トップクラスのサステイナブルな街
 コペンハーゲンは、環境に配慮したサステイナブルな都市づくりを行っており、2014年には「ヨーロピアン・グリーン・キャピタル」にも選出されています。
 この街を訪れた人がまず驚くのは、自転車の多さではないでしょうか。なんと市民の約60%が通勤通学に自転車を使っています。デンマークは標高が一番高い場所でも170mほどの平らな国土なので、自転車にはぴったりですね。また、市内の道路は自動車道と歩道と自転車専用レーンにしっかりと区分けされているため、安心して走行することができます。
 デンマーク語で「商人達の港」という意味を持つ「コペンハーゲン」。シェラン島にあるこの街の周囲には、数々の島が点在しているため、運河が大切な移動手段となっています。
 市内の運河には「ハーバーバス」と呼ばれる黄色の水上バスが走っており、普通のバスと同じように市民の移動手段として利用されています。この水上バスは電気エンジンで動くので、船の有害液体物質の排出をなくすのと同時に、CO2の削減にも寄与するなど、環境に優しい配慮がなされています。
 実はこの運河、15年ほど前までは工場などから流れ出た汚染物質などにより、とても泳げるような状態ではなかったそうです。市が排水処理プラント拡張などの下水システムの改善を行い、今日の水質まで改善するに至りました。
 現在は、夏になるとたくさんの人が水浴を楽しんでいるそうで、私も暑い季節に来て是非体験してみたいと思いました。

 次回もデンマーク編をご紹介します。お楽しみに。

ERIKO(エリコ)

モデル・定住旅行家

鳥取県出身。東京コレクションでモデルデビュー。高校在学中、語学留学のためイギリス、アメリカ合衆国に滞在。高校卒業後、イタリア、アルゼンチン、ロシア、インドで語学習得のための長期滞在をきっかけに、様々な土地に生きる人達の生き方や生活を体感することに興味を抱き、スペイン語留学で訪れたアルゼンチンでの生活をきっかけに、ラテンの地と日本の架け橋になるという目的を持って、2012年から1年4ヶ月をかけて中南米・カリブ25ヶ国を旅する。現在モデルと並行し、「定住旅行家」として、世界の様々地域で、現地の人々の家庭で暮らすように旅を続け、人々の生活や生き方を伝えている。NEPOEHT所属(モデル)であり、雑誌、CM、企業講演、トークイベント、国内外TV、ラジオなどメディア出演多数。著書に「暮らす旅びと」(かまくら春秋社)。また、内閣府平成28年青年国際交流事業の効果検証に関する検討会委員。観光庁「若旅★授業」講師。とっとりふるさと大使。米子市観光大使。国際協力機構JICA「なんとかしなきゃ!プロジェクト」著名人メンバーなども勤める。

ERIKO(エリコ)
WEBSITE
http://chikyunokurashi.com
facebook
http://www.facebook.com/erikoklatino
youtube ERIKOチャンネル♪ 毎週水曜に更新中!
https://www.youtube.com/user/erikok1116
Instagram
https://www.instagram.com/Erikolatina/